ハウスクリーニング集客|広告媒体全体がマーケティングの手法としてダメだと結論付けるのは間違い?

たくみ社長です。

今日もぼくがビジネスを仕組化することで自由な生活が出来るようになった情報や考え方を書いていきます。

どうして半年間、広告を出し続けられない?

 

大抵の人は半年間の広告を出し続けることができずに、途中、もしくは1回だけ広告を出し挫折してしまいます。

 

これはなんででしょうか?

どんなところで挫折するかと言うと、

その1)広告費以下の収益しかあがらないとして、収益の計算を間違える場合

最初の売上が安定しない状態の時に5,000円投入して、

利益が5,000円以下しか得られなかった場合に、そのタイミングで広告を辞めてしまうんです。

 

なんで売上が安定しないのかと言うと、広告の文章を試行錯誤しながら、

より反響がいいものへと少しづつ変えていくからなんです。

 

広告の文章は一箇所ずつ変更していくほうが、どこの部分でお客さんが食いついたのかわかりやすいとうことがあります。

たった一箇所を変更しただけで依頼数が増えたりもします。

それを依頼が来ないからと言う理由で、全ての文章をガラッと変えてしまえば、テストのしようがありませんよね?

 

なので、少しづつ、反応を見ながら訂正を加えていくほうが、依頼数を伸ばす近道となります。

それを数回テストしただけで、依頼が来ないからという理由で広告を打つのをやめてしまうと、

これまで広告費に使っていた5,000円は払わなくて済むようになりますから、その意味では5,000円は得しますよね。

でも、5,000円がもったいないなんていう人はいつまでたっても、大きな失敗はないかもしれませんが、大きな成功もありません。

試行錯誤のお金がもったいないという考えでは、うまくいくはずのものもうまくいきません。

 

僕は試行錯誤に使ったお金は将来に向けた

「情報の資産」だと思って投資しています。

資産に関する記事はこちらをどうぞ

http://betakumi.com/sisann/

 

仮に、広告の反応が悪くても、少なくてもこのような広告は反応が悪いのだという情報が入手できたわけですから。

まあはじめてのときにはどうしても目先を求めてしまいますが、

 

そこは気合を入れて行動してみて下さい。

広告の文案が一発で当たるというのはめったにありませんから、

 

小さくテストして、反響率を見ながら、反響が出始めた時に大きく投資する方法を取っていけばそこまで大きなお金もかかりません。

 

一度依頼数が伸びたチラシというのはその文案自体がお金を生み出す資産となるのですから。

テストの段階では、小さく、反響が取れるようになったから大きくやればいいのです。

 

初回に利益が5,000円以下しか得られなくても、リピーターになったお客さんから

最終的にいくら回収できるかを考えていかないと、

初回から儲かることだけを考えていては、どのようなプロモーションをやっても成り立たない事が多いのです。

 

広告の良し悪しを判断する時のそもそもの間違いは、

例えば10万円投入して、1件の依頼が入り8万円の利益を獲得した時に、損をしたと考えることです。

 

たしかに、一回目の依頼では8万円しか得られません。

初回の業務による利益だけ考えれば、10万円を投入して、8万円の利益ですから2万円の損かもしれません。

でも、その後継続的にあなたのサービスを気に入り依頼してもらえれば継続的に売上が上がりますよね??

 

そう考えれば、広告費の10万円は簡単に回収出来るわけです。

 

その取引先との取引全期間に渡ってトータルでいくらのお金を落としてくれるのかを考えて広く広告の効果を考えて行く必要があります。

 

ぼくがやるおそうじビジネスの場合、相手によほど不満を持たない限り、業者変更は起こりにくい職種です。

腕がない職人は例外ですが、腕はいくらでも磨けます。

依頼をする側も信頼できる業者を長く使っていきたいと考えているもので、毎回毎回違う業者を入れていると信頼関係が構築できないと考えます。

飲食店などの場合は気に入っている店であっても飽きてくるということはありますので、顧客満足が得られていても、違う店に行きたくなるものです。

ところが専門職の場合は、一旦決めた業者は継続的に使い続けてくれる可能性が高いのです。

それは新しい業者を探すことに対して無駄な時間的なコストがかかるからだと言えます。

 

あと、少々の融通を聞いてくれる使い慣れた、業者のほうが安心して仕事を任せられますよね?

その意味で、

既存の取引先をきちんとフォローして継続的な収益を挙げていくということは大切な戦略です。

 

また、その顧客からの紹介だってあるかもしれませんので、そこまで計算に入れて考えていく必要があるわけなんですね。

その2)反響がゼロで、反響があるまで辛抱強く試行錯誤できない場合

もう一つ継続して広告を続けられない理由に、広告の反響が全然なくて、ヒットするまで耐えられずに挫折するということもあります。

 

広告の反響がないと、この反響のない状態が永久に続くものだと錯覚して、もう少し続ければヒットするのにやめてしまうのです。

 

もともと1ヶ月で数件しか反響がない場合には、週によっては、反響ゼロの週があるかもしれませんが、

それをいちいち気に病んでいても始まりません。

 

もしかしたら、広告を出した日は週末だったから、お客さんの対応に忙しかったから

 

その他の外部環境の要因で反応がなかったのかもしれません。

 

広告のデザイン、文章の説得力が弱かったからなのかもしれません。

 

1回やってうまく行かなかったからと言って、永久にうまくいかないわけではないのに一度試した広告媒体でうまくいかなかったという体験をすると、

それを決めつけてしまい、その広告媒体全体がマーケティングの手法としてダメだと結論付けるようなミスをしてしまうわけです。

 

ポータルサイトで稼いでいる人はいくらでもいますし、

「ポータルサイトに載せていたサービス内容がダメだった」

という事実以外には何一つ証明されたものはありません。

 

「ポータルサイト全部がダメ」

だと言い切るには、さすがに言いすぎなように思います。

うまくいく直前で辞めてしまう人に成功はありません。

ぼくがポータルサイトで集客できなかった理由は、

ぼくが売りたいサービスがそのポータルサイトにマッチしていなかっただけなのです。

 
パチンコの台と同じで、あなたがダメだと諦めた直後に、他の人がやってきて、フィーバーする可能性だってあります。

また、その後も大ハマリしてやっとフィーバーしても単発で終わることもあります。

 

反応がゼロだと結論付ける前に、辛抱強く試行錯誤してほしいです。

そして、リサーチすることで見極める力も付いてきます。

ここで一つ、広告を出す時にぼくがしている考え方をお話します。

一件の依頼が入れば、30000円の売上があるサービスの場合は、とりあえずテストで10000円を使い反応を見ます。

反応がなければあと20,000円を投入します。

一件さえ売れれば投資に使った30000円は回収できる範囲で広告費を使い切ります。

30,000円投資してもゼロかもしれませんが、もしかすると数倍、数十倍になって帰ってくるかもしれません。

ですが集客の場合は決してギャンブルではないんですね。

反応が取れる集客方法がわかれば、投資した分はかなりの大きな確率で回収する以上の成果が出ます。

ぼくは広告費1万円で850万円のリフォームの仕事を取ったこともあります。

こう考えることで、投資へのハードルも下がりますよね?

ある程度、広告費用を予算として考えればいいだけです。

その3)資金的に余裕が無い場合

最後に広告を続けられない理由として、

お金に余裕が無いと、当たるかどうかわからない広告よりも、支払いなどの目先の運転資金にお金を使ってしまいます。

8万円投入して8万円以下の戻りしか無いと、お金が勿体無いと感じて、広告費を削ったりするわけです。

商売を始めるのに車両が必要な場合、日本政策金融公庫からの借り入れにせよ、自己資金にせよ、

ある程度余裕を持った資金計画を建てないと、うまくいく前に干し上がってしまいます。

 

うまくいきそうになって、資金不足で行き倒れになるのはもったいないですよね?

 

支払いのうち、期限が迫っていないもの、支払期限を先延ばしに出来るものは、

クレジットカードを使い全て先延ばしにして、借り入れできるのであれば借り入れをして軍資金を作って下さい。

開業当時ぼくクレジットカードがブラックリストいりしていましたのでこちらを活用しました。
http://betakumi.com/gasorincard/

このように、

その1からその3まで、色んな理由から、最終的には50万円投資に対して、500万円のリターンがあるかもしれないのに、その500万円をキッチリとものにできない人が多いのです。

ここが、成功と失敗の分かれ目なのです。

繰り返しになりますが、

「50万円の投資で500万円儲かるとわかっているんだったら50万円出すよ」と、

あなたは思うかもしれません。

最初からわかっていたら、誰だって50万円出します。

そうではなく、誰も保証してくれないところにお金を躊躇なく捨てることが大切なのです。

保証を求めるのなら、サラリーマンをやっていればいいのです。

 

広告で集客した方がラク

 

少なからず広告費を投入しないで、プロモーションをすることなしに、あなたのサービスや商品を誰も知ってくれません。

 

広告をせずに知り合いからの紹介だけで

「依頼が来てよかった」というのはもはや商売ではありません。

常に新規顧客を獲得する方法を確立していなければ生きていけませんよね?

 

紹介のみに頼って事業を展開していくというのは、相当な数の顧客ベースが作れている場合では大丈夫かもしれませんが、

それ以前のまったく既存顧客がいない状態では取るべき戦略ではありません。

 

そもそも口コミをしてくれる人たちが少ないのですから。

あまり人頼みにしていると、集客の方向性が変わってきてしまい、紹介をしてくださいという営業活動を頑張ってしまうので完全に無駄な労力です。

 

あと、営業が得意な人間を雇う、なんて考えるぐらいなら、自分で反響が出る広告媒体を探し、

文章のライティングスキルを身につけるほうがよっぽど安くつきますし、効果が出るのが圧倒的に早いし、楽です。

 

これから経営者として事業を展開していくのなら、少なからず先行投資というものをしなくてはいけないんですね。

自己資金がなければ借金するしかありません。

でも、借金が行けないと言うのは、サラリーマンのように、

収益を産まない消費活動のために借金をする場合のことを言うのであって、

消費活動のためではなく、お金を働かせて収益を上げる活動の場合には、

それによって収益を生み出せる限りどんどん投資するべきです。

 

昔、流行った書籍に

『金持ちお父さん、貧乏お父さん』という本が世界中で爆発的に売れていたので、あなたも読んだことがあるかもしれないですが、

その本にも、同じようなことが書かれていましたよね?

お金に働いてもらい、テコの原理で、レバレッジを利かし・・・

みたいな感じで書かれていました。

 

サラリーマンにおいては、借金の目的が、収益の獲得を目的としない遊びや飲み食いといった消費活動なので、

借り入れを起こしてまで消費を続けるということはおすすめできませんが、

事業主になってまでサラリーマンの金銭感覚を引きずっていてはうまくいきません。

 

自分に対する、借金や投資のイメージを180度転換する必要があるんです。

新規開業者であれば日本政策金融公庫で創業者向けの借り入れができます。

成功するためには自分のビジネスに対しての投資や借金は悪だと言うイメージは今すぐに払拭しなければなりません。

貯金を食いつぶして、同業者の応援やアルバイトをして食いつないで結局成長せずに廃業するのと、

借り入れ金で広告を打って、集客に挑戦して、結果的に失敗して食えなくなったのとでは、

両方とも食えないにしても、挑戦して、借り入れ金で広告をうったほうが、得られる物があると思いませんか?

 

そうすれば、失敗したとしても、そのとき学んだことを生かして、もう1度再起を図る事ができるわけです。

 
なにもせずにじっとしていても、お金が尽きてしまった場合には、得られるものは何もありませんし。

 

もし自分にいくら素晴らしい技術や腕があったとしても投資して、広告を出して収益を上げ、

その収益をまた投資に回して・・・

投資というのは自分のスキルアップのための投資という部分も含まれています。

 

古本屋で500円のビジネス書を買って知識をつけることも立派な投資です。

 

投資と収益の回収という事業サイクルの中で、業務を展開していかない限り、事業の発展はありません。

 

サラリーマンの場合は、待っていれば仕事が与えられますが、それは、サラリーマンに変わって社長が借金というリスクを負って、

広告を投入して売上を出しているからです。

 

だから、リスクを負っている社長が高い報酬を得るのは当たり前なのです。

 

サラリーマンは、安定した給料と退職金が保証されている代わりに利益の大部分を社長に持っていかれているんです。

 

開業したら、誰も給料をくれませんし、なんの保証もありません。

 

その代わりに、適切に広告費を投入すれば、

・毎日が給料日、

・毎日がボーナス

であったりするのです。

 

たくみ社長
毎日が給料日という人生の可能性があるということは楽しいことじぁありませんか?

 

物事は、明るい面に目を向けて、前向きに取り組んでいったほうがうまくいきます。

借金が怖いのは、失敗した時のことを過度に考えすぎるからです。

これは後ろ向きな考え方ですが、このような後ろ向きの考え方をしているとチャンスは逃げていきます。

だからお金を捨てる勇気を持ってくださいと説明しているわけです。

本日は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わからないこと、感想を送ってください

ブログに関する質問があればいつでもどうぞ。

 

友だち追加


 

たくみ社長

 

・経歴
お掃除ビジネス業界20年

・サービスに関する過去の実績
脱サラ、専業主婦、現役のお掃除屋さん、法人の事業拡大など300名以上にスキルを提供

・得意分野
空室清掃、エアコン洗浄

・普段の活動
清掃会社代表
お掃除コンサルタント
DM集客コンサルタント
コンテンツ販売コンサルタント

・提供できるスキル
空室清掃、ハウスクリーニング、エアコン洗浄、集客

・間違ったお掃除ビジネスを進めている方々に本当のお掃除ビジネスとは何かを伝えたい。
もっと個人でもクレームなし、リピートあり、稼げるようになってほしいという想いでやっています。

書籍紹介(Amazon Kindle本)

 

 

 

 

詳しいプロフィールはこちら

 

Facebook

インスタグラム

Twitter



YouTube

 

サイト内検索(例:集客力)

おすすめ記事一覧

1

空室清掃(空室ハウスクリーニング)で必需品!準備する道具(実際にお勧めしている商品です) こちらの商品はぼくが実際に使用してきたものです。ぼくなりの見解で使用しているので、もし、あなたが使う場合は自己 ...

2

どうもたくみ社長です。   今回は建築業界、サービス業界にいた僕が年商1億を達成した意外な副業とは?ということで書いていこうと思います。   美装屋として開業 僕は元々清掃員として ...

おそうじビジネスって何? 3

たくみ社長です。   今回、ぼくがLINEマガジンやメールマガジンなどから、様々な悩み事や相談を受けているうちのごく一部を、こちらで紹介したいと思います。 独立開業当時の方や、お掃除ビジネス ...

4

どうも! たくみ社長です。   今回ご紹介するのは、ぼくのプロフィール記事でも記載したいように借金まみれ、カード会社がブラックでも作る事ができたガソリンカードを作る方法を紹介したいと思います ...

5

  こんにちは! たくみ社長です。   今日は独立開業したばかりで、信用が無い状態でもすぐにETCカードを作る方法について解説したいと思います。 普通ETCカードは独立開業したばか ...

6

  どうもたくみ社長です。 今回はブログの読者さんから質問をいただきましたので、この場を借りてその質問に答えたいと思います。 読者さんからの質問は以下の内容です。   ハウスクリー ...

7

  こんにちは。 たくみ社長です。 ぼくは主におそうじビジネスとブログで生計を立てています。 ぼくがやっている仕事内容に興味があればこちらからどうぞ。   ぼくの悲惨なプロフィール ...

8

  たくみ社長です。 ぼくはおそうじビジネスとブログで生計を立てています。 おそうじビジネスでは累計1億円以上稼ぎ出しています。   その稼ぎ出してきた中で、ぼくが特にビジネス活動 ...

ハウスクリーニング 9

  たくみ社長 はじめまして、たくみ社長です   この度は、ぼくのブログに訪問していただきありがとうございます。   このブログの中でお渡ししている、無料のメール講座では ...

10

【知り得情報】Ariペイ おそうじビジネスやその他のビジネスでも開業をしたなら、個人のお客さんにも自分の店を選んでほしいですよね? お客さんはどういう基準でハウスクリーニング業者やサービス店を選んでい ...

Copyright© 清掃員たくみ社長のブログ , 2022 All Rights Reserved.