初めてのDMを書く前にキャッチコピーを考えよう!有名な例を見てコツをつかめ!

こんにちは!

たくみ社長です。

今回の記事では、集客用のDM(ダイレクトメール)を作る前にしておくべきことについて解説していきたいと思います。

それでは始めます!

【DMを書く前の準備】キャッチコピーを考える

キャッチコピーを考える

キャッチコピーを作る前に考える事とは?

まずはじめに、何のためのキャッチコピーなのかを考えていきましょう。

キャッチコピーを考える時、必ず押さえておくべきことが3つあります。

これを抑えずに考えても、ピントがずれたDMの反響が来ない弱々しいキャッチコピーが出来上がってしまいます。

それでは、その3つの重要なポイントとは一体何でしょう?

 

POINT1:「キャッチコピーの目的を明確にする」

有名なキャッチコピーの例がありますので紹介します。

①「そうだ、京都に行こう!」

②「信じられない事に、朝起きた時、もう疲れている」

この2つのキャッチコピーの例の違いはわかりますか?

実はこの2つの違いは、目的がそれぞれ異なることです。

①のキャッチコピーは「JR東海」の有名なCMのキャッチコピーです。

このキャッチコピーの効果で起業のイメージアップ、京都のイメージアップに大きな貢献をしています。

 

一方で、②のキャッチコピーは健康食品の「やずや」のチラシに書かれているキャッチコピーです。




この2つのキャッチコピーの違い、目的は

①は「企業のイメージアップ」

②は「見込み客の購買意欲をかきたてること」

という点です。

 

これら2つのキャッチコピーでは、

それぞれが目指す目的が全然違います。

キャッチコピーを考える前に、

「なんのための、誰のためのキャッチコピーなのか?」

「ビジネスでサービスを売り込みたい人とはどんな人たちなのか?」

という事を明確にリストアップしてみてください。

商品やサービスを売りたい人のターゲットを明確にする

 

POINT2:商品やサービスを売りたい人のターゲットを明確にする」

メール講座の購読者さんからアドバイスを求められたときにこんな質問をしたことがあります。

たくみ社長
「あなたの商品やサービスのターゲットはどんな人ですか?」

不動産屋さんです!
相談者

というような漠然とした答えが返ってきました。

 

不動産屋といっても対象が広すぎるので、

キャッチコピーを作る事前の準備としては少し弱いです。

 

たとえば、あなたが赤いシャツを着て買い物にでかけているとします。

 

その日は休日という事もあり歩行者が大勢います。

 

そんな中、「ちょっとそこの人!」と

後ろから呼びかけられても自分の事を呼んでいるとは気づきにくいと思います。

 

「ちょっとそこの男性の人!」と呼ばれても振り返る確率は低いと思います。

 

その街で歩いている男性は大勢いるので自分が呼ばれているとは考えにくいでしょう。

 

でも、「ちょっとそこの眼鏡をかけた赤いシャツを着たお兄さん!」

と呼ばれると、思わず振り返ってしまうでしょう。

条件の絞り込み

つまり、条件が絞り込まれれば絞り込まれるほど、

その呼びかけに該当する人は

 

「あっ、自分の事を呼んでいるかも!?」と感じ、

反応しやすくなるという事です。

 

なので、キャッチコピーを作るうえで、

ターゲットの明確化や絞り込むことがとても重要です。

 

キャッチコピー共通の目的は

見込み客の目を止まらせ注意を引くことです。

 

さっき取り上げた健康食品の「やずや」のキャッチコピーは、

 

売りたい商品のターゲットを「朝起きた時、もう疲れている人」に明確に絞り込んでいるので、

狙いたい客層の心をぐっとつかめるというわけです。

 

そもそも健康食品は「自分は健康だ!」

と思っている人たちをターゲットにしても全く売れないでしょうから、

この「やずや」のキャッチコピーはとてもよく考えられた非常によくできたキャッチコピーだと思います。

お客さんの欲求に焦点を当てる

 

POINT3:お客さんの欲求に焦点を当てる





お客さん欲求に狙いを定めてキャッチコピーを考える

という事がとても重要になってきます。

 

では、お客さんの欲求とは具体的にどんなものがあるのかというと、

大きく分けて2つに分ける事が出来ます。

  1. 苦痛から逃れたい欲求
  2. こうなりたいという欲求

①の「苦痛から逃れたい欲求」というのは、

例えば、

「雨漏れを直したい!」

「入居者さんからクレームを言われたくない!」

「おなかがすいてるので今すぐ何かを食べたい!」

と言った切羽詰まった欲求の事です。

 

②の「こうなりたいという欲求」は、

「おいしい食事がしたい」

「綺麗な家で生活したい!」

「完全におまけせできる下請けの会社が欲しい!」

「自信をもって入居者さんにお部屋を紹介したい!」

といった願望的要素の強い欲求の事です。

 

あなたが扱う商品、サービスもこの2つのどちらかの欲求を満たすものであるはず。

 

どちらに当てはまるかは、商品やサービスによって違いますが、

必ずどちらかに当てはめる事が出来ます。

 

なんなら、両方どちらにも当てはめるものも少なくありません。

 

ぼくの場合は「お掃除ビジネス」で不動産屋さんで賃貸マンションの管理を任される担当者さんの向けて、

たくみ社長
「入居者さんにクレームを言われることなく自信を待ってお部屋の案内が出来る」

という様に

たくみ社長
「2つの欲求を満たす事が出来るサービスの提供をしていますよ!」

みたいな感じのキャッチフレーズで何度かDMを送ったのですが

すぐに仕事の依頼を受ける事が出来ました。

 

①の「苦痛から逃れたい欲求」

②の「こうなりたいという欲求」

基本的に商売をするにあたって何か物を売るときは

①の「苦痛から逃れたい欲求」の方が切羽詰まっているので購入や依頼に結びつきやすいと言われています。

 

ですので、あなたが宣伝したい商品があるときにターゲットを絞り込む時は、

まずお客さんはどんな欲求を満たしたいのか?

 

という点に焦点を当ててみると

キャッチフレーズが浮かびやすいので参考にしてください。

 


 

たくみ社長

 

・経歴
お掃除ビジネス業界20年

・サービスに関する過去の実績
脱サラ、専業主婦、現役のお掃除屋さん、法人の事業拡大など300名以上にスキルを提供

・得意分野
空室清掃、エアコン洗浄

・普段の活動
清掃会社代表
お掃除コンサルタント
DM集客コンサルタント
コンテンツ販売コンサルタント

・提供できるスキル
空室清掃、ハウスクリーニング、エアコン洗浄、集客

・間違ったお掃除ビジネスを進めている方々に本当のお掃除ビジネスとは何かを伝えたい。
もっと個人でもクレームなし、リピートあり、稼げるようになってほしいという想いでやっています。

書籍紹介(Amazon Kindle本)

 

 

 

 

詳しいプロフィールはこちら

 

Facebook

インスタグラム

Twitter



YouTube

 

サイト内検索(例:集客力)

おすすめ記事一覧

1

空室清掃(空室ハウスクリーニング)で必需品!準備する道具(実際にお勧めしている商品です) こちらの商品はぼくが実際に使用してきたものです。ぼくなりの見解で使用しているので、もし、あなたが使う場合は自己 ...

2

どうもたくみ社長です。   今回は建築業界、サービス業界にいた僕が年商1億を達成した意外な副業とは?ということで書いていこうと思います。   美装屋として開業 僕は元々清掃員として ...

おそうじビジネスって何? 3

たくみ社長です。   今回、ぼくがLINEマガジンやメールマガジンなどから、様々な悩み事や相談を受けているうちのごく一部を、こちらで紹介したいと思います。 独立開業当時の方や、お掃除ビジネス ...

4

どうも! たくみ社長です。   今回ご紹介するのは、ぼくのプロフィール記事でも記載したいように借金まみれ、カード会社がブラックでも作る事ができたガソリンカードを作る方法を紹介したいと思います ...

5

  こんにちは! たくみ社長です。   今日は独立開業したばかりで、信用が無い状態でもすぐにETCカードを作る方法について解説したいと思います。 普通ETCカードは独立開業したばか ...

6

  どうもたくみ社長です。 今回はブログの読者さんから質問をいただきましたので、この場を借りてその質問に答えたいと思います。 読者さんからの質問は以下の内容です。   ハウスクリー ...

7

  こんにちは。 たくみ社長です。 ぼくは主におそうじビジネスとブログで生計を立てています。 ぼくがやっている仕事内容に興味があればこちらからどうぞ。   ぼくの悲惨なプロフィール ...

8

  たくみ社長です。 ぼくはおそうじビジネスとブログで生計を立てています。 おそうじビジネスでは累計1億円以上稼ぎ出しています。   その稼ぎ出してきた中で、ぼくが特にビジネス活動 ...

ハウスクリーニング 9

  たくみ社長 はじめまして、たくみ社長です   この度は、ぼくのブログに訪問していただきありがとうございます。   このブログの中でお渡ししている、無料のメール講座では ...

10

【知り得情報】Ariペイ おそうじビジネスやその他のビジネスでも開業をしたなら、個人のお客さんにも自分の店を選んでほしいですよね? お客さんはどういう基準でハウスクリーニング業者やサービス店を選んでい ...

Copyright© 清掃員たくみ社長のブログ , 2022 All Rights Reserved.